ホームページ制作 SEO対策とデザインのバランスのとれたサイト制作を致します|SEVENTH HEAVEN

制作コンセプト

サイトの目的を明確にし、ユーザーの求める情報提供を

まずサイトの目的を明確化することにより、目的に沿った必要な情報を選別します。
サイトには単に情報をたくさん詰め込めばよいというわけではありません。
一番大切なことは、ユーザーの求める情報を提供することです。 ユーザーを混乱させず疲れさせない情報量で、求める情報まで迷わせずに誘導するということが大切です。
また情報を絞り込むことによって、サイトの目的(特に伝えたい情報)をユーザーによりアピールすることができるようになります。

 

情報をビジュアル化し、ユーザーに伝えるということも大切ですが、検索エンジンなどに象徴されるように基本的にWEBは言葉文章が支配する世界です。
どんなに美しくデザインされたサイトでも、情報がきちんと整理されず、文章が分かりにくいのでは、ユーザーがそのサイトを利用することはありません。 たとえたくさんのアクセスがあったとしても、コンテンツ内容を読んでもらえなければ、利用者が増えることはありません。

 

サイト制作をする際に大切なことは、まず錯綜した情報を整理編集し、適切なナビゲーションを配し、ユーザーが目的とする情報まで迷わずに辿り着けるようにすることです。
このように情報を整理し、適切な方向付けすることを情報設計といいます。
この情報設計をきちんとした上で、WEBの特性(視覚情報)を活かして文章で説明するよりも画像を使用した方が分かりやすいと思われる箇所はビジュアル化していきます。

イメージを明確化するためのデザイン

紹介したい商品やサービス、それ自体を写真や文章で提示するだけでは、ユーザーはその商品やサービスの全体像を把握できません。
例えば、どういうシーンで使うものなのか、どういった人を対象に作られたものなのか。 または店舗紹介などでも、そこがどういう雰囲気を持った店舗なのかなど。
こうした全体像をユーザーに把握してもらうためのイメージをデザイン致します。
WEB特有の事情ですが、ユーザーが商品を直に手にとって触れることができない、または直に見れない分、デザインは大切です。

検索エンジン対策

検索エンジンが重視するのは文字情報ではありますが、その対策に偏りますと文章だけのサイトとなってしまいます。 しかし、それではサイトを訪れたユーザーにとって魅力のないサイトになってしまい、結局は問い合わせや受注につながらないという結果に陥ってしまいます。
またこれとは逆にデザインを重視し過ぎると、画像やFlashだけのサイトとなってしまい、検索エンジンの対象にならなくなってしまいます。
検索エンジン対策をしつつ、デザイン性を損なわないサイト、ユーザーにとって魅力のあるサイトを作成致します。

page top